5歳児に学ぶ。自己主張をすること。相手を受け入れること。

今日、娘が超絶大好きなお友達とほぼ一日一緒に過ごしてたんですが、娘とそのお友達のやり取りがすごく気になって。

 

例えば、

アナ雪のぬりえをしていて、娘はアナ、お友達はエルサを担当して塗っていたのですが、お友達がエルサのドレスを塗るのがいやで娘に「ドレスだけ塗ってー!」と言って、「わかったー!」と娘は言い、ドレスを塗っっていました。そしてその後エルサの手も別の色で塗りはじめてしまって。そしたらお友達が「ドレスだけって言ったのにーー!!!」 怒 と。娘は「え。あ、、ごめんね!!ごごごめんね!!!」と即平謝り。

 

とか、

 

お昼ごはんを食べたあと、お友達はオレンジゼリー、娘はゼリーではなく果物のぶどうをチョイスしたのですが、お友達が「一緒にオレンジゼリー食べたいのにー!!!!」といえば娘は「え!そうなの!ごめんね。じゃぁ、、、、ぶどうやめてオレンジゼリーにするね!」

 

とか、

 

どこの公園行こうかー?って話してて、娘とお友達の意見が違うくて、そしたら「○○公園がいいの?そっかーわかったー!じゃぁそっちにしよ!」

 

的な。

 

そんな小さなことだけど、同じようなやり取りが一日中ありました。

 

優しい。。。。というか ”めっちゃ合わせてる感” があって なぜだ???? とハテナが私の中でめっちゃ飛びました。

なぜなら、娘は決して普段からこんな態度ではなく、弟や私達にはまーったく違う態度なので、正直こんなやり取りにびっくりしたのです。

そして、少しも自己主張していない気がして、あなたも主張してもいいんだよ????ってとっても言いたくなりました。てか、言いました。笑

 

だけど、今これを書きながらなんとなく思い返してみると、お友達の気持ちにとても寄り添えていて、実は相手をめっちゃ受け入れてあげてて、認めてあげれてるのかなと、思ったり。

我慢をしてる風ではないけれど、「自分の意見がない子」にはならないように、家族で過ごすときに自分の意見を言ってきたときはきちんと聞いてあげる姿勢を取ろうと改めて思いました。今日のやり取りも、娘の中でストレスになっている様子はないから、今後も見守っていきたいなと思います。

 

ちなみに、お友達は今日、公園から帰るのに(疲れて、ちょっと眠かったのも重なり)、かなりのギャーギャー癇癪を起こしていましたが、ママの対応がすばらしく。

怒るでもなく「どうしたいの?」って聞いてあげて、めーっちゃ気長に対応してあげてて。いつもこんな神対応ばかりじゃないよ!って笑ってたけど、ママがちゃんと受け止めてくれるってわかってるからあんなにわがままというか自分をだせるのかなと思いました。

 

育児は育自。

いつも思うけれど、子育てに正解はない。

だから、とっても難しくも感じる。だけど、子供と分かり合えたときや成長を感じたときの喜びはとても大きい。

 

子供をしっかりみて、ゆっくりお互いに成長していこう。

 

LOVE❤

 

娘も大好きなうちのダディのTシャツショップRelaykidsもよろしくお願いします♪
Simple Fun Clothing!

Instagram : @relaykids
Facebook  : @relaykids.jp
Twitter      : @relaykids

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です