生命保険を今になって解約するという選択。

私個人としては20代前半から、

旦那さんは結婚してすぐに生命保険を掛け始めた。

私が入ったほうがいい。

あなたに何かあったときどうすんのよ

と、半分、いや全分(笑)強制的に。

 

そして少し前…っても、かれこれ1年くらい前から、

旦那さんに生命保険を解約してほしいと言われていた。

 

が、

 

生命保険を解約するってことは何かあった時に

自分たちの力で対応しなければならない訳で。

 

貯金もそんなにないのに、何を言ってんの!

って思ってた私。

 

旦那さんの意見はまったくの真逆で。

 

「何かあると思うから何かあるねん。何もないねん!」

と。

※旦那は英語です。笑

 

この考え方は超アメリカーン!というか、欧米人というか。

私の生きてきた価値観にはない考え方でした。

 

ちなみに、

生命保険を掛けてる人が世界で一番多いのは

日本らしい。

※google調べ

 

そして、私は悩みに悩んだ末、解約することにした。

 

旦那の意見を尊重すること、

この人のことをちゃんと信じてみよう、

信頼してみよう

 

と、思ったから。

 

 

それでも、解約するまでの間にめちゃくちゃ

時間がかかったのは、母が生命保険会社で

働いていて、私が解約することで

母の営業成績にひびくから。

 

これって、ちょっとした心理トリックやなぁって

思ったんやけど。

 

生命保険の営業さんて、主婦とかおばさんが多くて。

成績が取れないと給料も歩合で厳しいから、

大体身内から固めて行く。

 

だって、営業しやすいから。

さらには解約もしにくいから。

 

身内やもん。

 

そして、いい子ちゃんの私は、

やっぱり母に迷惑はかけたくないし、

やっぱりできるなら

私、えらいっしょ?いい子でしょ?

って思っててもらいたい心理があったらしく、

なかなか解約に踏み出せなかった。

 

でも、そんなことに縛られてるのが

なんだかいやになって、

旦那の意見を尊重する方法の

今までと違うことのひとつとして

解約に踏み切った。

 

母は「まじでか」という顔はしていたけれど、、、苦笑

もちろん別に何も言わなかった。

そこが、母の潔いよくてかっこいいところ。

 

そして、私はなんだかすっきりした。

 

私は生命保険というより、

母に縛られていたのかもしれない。

(勝手に)

 

生命保険をかけていたことで病気になったときに

かなり助かる人もいる。

その反対で、結局掛け捨てになることもある。

それが「保険」だから。

 

生命保険は掛けていたほうが「万が一」の

ときのためにはいいのかもしれない。

 

けれど、なんとなくそれは「万が一」のため、

っていう「不安」にお金を払っていることになるのかも

しれないなとも思う。

 

だったら、その「不安」にお金を使うより、

「健康」のために、

「楽しみ」のために、

ジムやヨガや遊びにお金を使うのもありかな。

 

 

このブログ母が読んだら

 

営業妨害Σヽ(`д´;)ノ !!!!!!

 

って、怒られそうε≡≡ヘ( ´Д`)ノ(笑)

 

ポジティブシンキングな旦那さんのTシャツショップRelaykidsもよろしくお願いします♪
Simple Fun Clothing!

Instagram : @relaykids
Facebook  : @relaykids.jp
Twitter     : @relaykids

 

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です