旦那が仕事を辞めた後、起こった私の脳内変換。

実は、旦那が年末でメインの仕事を辞めました。

 

理由は、

「子供たちとの時間が少なすぎる」「違うことに挑戦したい」

↑もちつきに挑戦する旦那。笑 いや、これもう7年目なんで。慣れたもんです。笑

 

今の家(昨年8月より母と同居。二世帯とかシャレオツなものではなく、完全同居。この辺はまた後日。)

に引っ越してから一番遠い仕事先で2時間、出張も年に何回か東京・福岡・高知などなどあり、ほとほと疲れていたらしい。

 

日本のサラリーマンのパパさんたちに比べると、旦那の仕事時間なんて少ないほうだと思うし、休みもあるほうだとは思っていたので、

初めは「なーにを言うとんねーーーん!!!怒」という気持ちだった。

 

「子供たちとの時間が少ない」「もっと子供たちと過ごしたい」これはどうしても、今じゃないとダメだと思うし、

今一緒に過ごしたいという気持ちもものすごくわかるんやけど、やっぱりどうしても「うーーーーん」って気にしかならなかった。

 

辞めてから主夫になるの?と聞くと、自分で「仕事がしたい」と。

自営業って簡単なことではないし、それも「うーーーーん」ってなって、反対ばかりしてた。現実主義?保守的?な私には、

どーーーー考えてもそれでは難しくないか?とそんなことばかり。だけど、旦那は「やってみて無理やったら辞めてまた別の仕事をすればいい。

やってもみずにこのまま終わるのはいやだ!!」と。

 

旦那はメインの仕事を辞めただけなので、基本週2は英語講師として子供たちを教えには行っている。

(しかもその収入が毎日働いてる私とほぼ同額か、実はそれよりもいいんじゃないかっていうのがあるからこれまたなんだかモヤる。。泣)

 

 

一度決めたら譲らない人なので、応援しようとは思うけど、やっぱり不安になる。金銭的に。

不安になるから、よし、私が働くか!と、アフター5で働ける仕事を探して、時給のよさそうなテレアポの面接とかいってみた。

 

 

チャラそうな兄ちゃんに面接される3●歳………

 


↑うちのちゃら男。(鼻水つき)

 

ものすごーーーーーーくチャラそうな(失礼)20代前半の若い面接官のお兄ちゃん。

バイトしてるのは高校生と20代前半の若者たち。

 

面接というか、開口一番

「いつから働けますか?」

 

いきなりそういう感じなんやとびびる。

「。。。。。来週から大丈夫だと思いますけど、シフト制ですか?」 と、聞いてみると

 

「はい、一応。でも休みたかったら当日に連絡でもいいんでー。別にあなたがいないと回らないとかはないんでーー。」

もやもやして、帰宅。

 

 

「別にあなたがいないと回らないとかはないんで」

 

 

うん、子供がいたら休みやすいってことやし、とてもありがたい。そしてメインでなくサブでする仕事。

うん。。ありがたいよね??でも、何かが違う。違和感がありすぎる。もう一度反復。

 

 

「別にあなたがいないと回らないとかはないんで」

自分のペースで仕事ができることはありがたいけど、なんか、いてもいなくてもどっちでもいいって言われたら違う気がした。

もちろんどこに重きを置くかは自分次第で、そこに居場所がほしいのかといわれたら疑問やけど。

 

と、いうことで、すぐに断りの電話をしました。

 

 

よし、もう金銭的なことは一旦諦めよう。


↑家が散らかるのも諦めたときの図。

 

私が遅くまで働いたって稼げる金額はたいしたことはないし、もういっか。と、少し腹をくくりました。

いや、諦められるくらい貯金があるわけでもないんやけども。ないから、どんどん減っていくだけといえばそうなんやけど。

 

 

かなりタイトにはなってしまうけど、やりたいことをやって楽しく生きていこう。

 

 

って、なんだか脳内変換が完了しました。これはいわゆる旦那に洗脳されたのでしょうか?笑

 

 

そして、今現在。

 

旦那は自営業に向けていろいろ準備しながら、ほぼ毎日保育園の送り迎えして、掃除と週1回の夜ご飯は作って、

週2は外で働いて、、、とやっております。(自営業内容については準備中なのでまた段階が来たら発表したいなと思います。)

 

最近の私の気持ちとしては、旦那が遅くまで働いて自分一人で(母もかなり助けてくれていますが)

夜の段取りとかやってた時よりはかなり気持ちに余裕ができた。

子供達にイライラして当たってしまったりしてたことがたくさんあったけど、それが今はほとんどない。

そして、何より旦那が楽しそうに仕事をしていて、前よりカリカリした雰囲気ではなくなってる感じがする。

 

そして、心配していたお金も、なけりゃーないでどうにかなるもので。

メルカリやヤフオクで売ったり、臨時でお手伝いしたときの収入が入ってきたりで、なんとか回ってる。

 

 

私も自分の働き方やこれからのこと、「自分」がどうしたいのか、考えていきたいなと思う。

もちろん、「家族」「子供」ありきだけど、「自分」も忘れずにいたいなと思う。

 

 

3●歳、頭フル回転でまだまだがんばるでーーーーーい!

 

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です